カラーした後は絶対これをやらなきゃダメ!退色防止に役立つ3つの事

シェアする

綺麗な色を長く保つために絶対やってほしい3つの事!!!特別何も難しい事はないのですがカラーリングをしたその日からやってもらうと色持ちがグーンとアップするんです!

それは髪の毛の性質をちょっと知る事でカラー後の退色防止になるんですよ。

こんにちは

辻堂美容室FLOWERのオーナースタイリスト フジイカズヒデです。

いつもブログを読んで頂きありがとうございます★ブログランキング参加中★       やる気スイッチです。読む前に、下の画面をポチっと押してくださいお願いします

にほんブログ村

 くせ毛、縮毛矯正で困っている方、髪を大事にしたい方、手入れを楽にしたい方
FLOWERで扱いやすい髪になってください

ご予約はこちらから

0466865549

薬を塗布中やシャンプー中は電話にでれない場合がありますので再度お掛けなおしていただくと助かります

お店にあるiPadを使っています。営業時間外または公休日は返信が遅れ次の日になりますご了承ください

LINEはじめました!

友だち追加で予約や相談メールを スマホの方はこちら↓(スマホの画面でタッチするとFLOWERのLINEに繋がります)

友だち追加

パソコン画面で見る方はこちら、スマホのQRコードで読み取ってください

カラーリングというのはアルカリでキューティクル開かせて染料が髪の中に入り明るくなります。そして時間経過と共に発色していきます。 たとえ完全発色したとしても少しづつですが退色というのが起こるんです。

カラーをした後、少しでも綺麗な色を保つためにやって欲しい3か条!!

まず1

頭を洗うお湯は熱くない程度に

熱いお湯で髪を洗うとカラーの色落ちはなんです。それは髪というのは水に濡れるとキューティクルが開く作用があります。こんな感じに↓

この水がもし熱いお湯だったら、、、キューティクルはさらに開いてしまい、カラーの色素だけではなく髪の中の栄養分までも流出してしまうんですね〜

なので、なるべくぬるま湯で38〜40℃くらいがベスト。それ以上42℃なんかは髪にとってはかなり、、、

カラー後はとってもダメージをしているのでその上に熱いお湯なんかは【泣きっ面に蜂】状態なんです

そして2

湯せんに髪をつけない

これはおもに髪の長い方が対象ですね!

さき程も言いましたが髪は濡れるとキューティクルが開きます。その状態で毛先の方が湯せんに浸かっていると髪の中の栄養分が流出してしまいパサパサになっていきます。その結果、カラーの色持ちも悪くなってしまうんです。

なので湯船に髪を浸からせないよう湯船に入るときは必ず髪をクリップで止めてから入るようにしましょうね!

最後に3

寝る前には完全ドライを

よくドライヤーを使わずに自然乾燥でも髪が乾いたって思う方いると思いますがそれは間違いです。髪は濡れている時の方が外からのダメージに弱く、乾いてる時の方がそこそこ強いんです。その証拠に例えばヘアアイロンを150℃に設定して(外的ダメージ)

乾いた髪にやってみると普通に艶が出ますが

濡れてる髪にやってみるとジュウジュウっと音をたてて湯気が出てしまいます。髪が焦げる瞬間で一気にチリチリ毛ですね。

なのでカラー直後は特にダメージしている状態なのでしっかりと完全に乾かしてそこそこ強い状態にしてあげないといけませんね!

まとめると

カラー直後は

  1. 熱いお湯で洗わない
  2. 湯せんに髪をつけない
  3. 寝る前は完全ドライ

この3つ守るだけで次回のカラーの退色具合が変わってきます!!しっかり守って綺麗な髪色を長く楽しんでくださいね!

今日のカラーゲスト

色が少し抜けてしまっているので艶の出る春カラーに

色が抜けると痛んで見えやすいですからねーせっかく綺麗な髪色にしてもすぐ抜けちゃったらもったいないので、髪の毛の性質をちょっと知る事でカラー後の退色防止、気をつけてみてくださいねー

最後まで読んで頂き,,ありがとうございます。

営業時間  9:00~19:00

最終受付やご相談等はお電話やメールにて

お問い合わせください

CLOSED 毎週火曜日、第1.3水曜日(その他のお休みは随時 お知らせします)

神奈川県藤沢市辻堂6-4-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

フォローする

トップへ戻る