トリートメントは髪を傷める!??

シェアする

ここんにちは
FLOWERオーナースタイリストの
藤井です。
トリートメントをすると髪を
痛める??
 
 
 
ほとんどのトリートメント
栄養分といって
ケラチン
タンパク質などを
髪の中に入れ込んで
髪の表面をコーティング(蓋)
するものです
よーく思い出してください。
サロンに行き
パーマやカラーをし
最後にトリートメントを
します
その時は
 
サラサラ、ツヤツヤ
してますね。
ではそのサラツヤ
いつまで続きますか?
おそらく次にサロン行く頃には
もぅ
 
サラサラ、ツヤツヤしてないはずです。
場合によっては
バサバサになってる事も
あります。
それはなぜか?
トリートメントは
コーティング(皮膜)
します。
髪の表面に蓋をする感じですね。
その感触こそが
サラツヤの生み出すのです。
ですがコーティング(皮膜)は
 
 
そぅ長くは続きません。
日々のシャンプーやドライヤー
様々な外的ダメージで
剥がれています。
剥がれていくことにより
感触、手触りが
悪くなる のです。
トリートメントをする
 
 
コーティング(皮膜)を
するという事です
爪にマニキュアを塗ったままに
 
何日間も放置しておくと
 
爪は痛みませんか
 
顔にファンデーションを塗ったまま
寝たら次の日、肌はどうですか
(恐ろしくてできませんよね)
それと同じ事を髪にもしているのです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

フォローする

トップへ戻る