髪が傷むのはなぜか?

シェアする

昨日でサザンのライブもおわり

今日から子供達は新学期に入り
 
朝から戦争ですプンプンプンプンプンプンプンプンプンプンドンッ!!
今日は髪が傷む事についてちょっと書いていきます
髪が傷む
季節的にまだまだあるのが
外線ドクロ
肌を焼く紫外線はもちろん髪も例外ではありません
強い紫外線が髪にあたると、キューディクルが損傷しメラニンを破壊して髪が明るくなったりします
帽子をかぶったり、日傘をさしたりして紫外線を防ぎましよ
そして
お家でのドライヤーや髪を梳かす時
ドライヤーは必ず根元から乾かしましょう
しっかり地肌から乾かしておけば毛先は乾かしすぎる事はなくパサつきません
そして髪を梳かす時は必ず毛先の方からしていきます
根元の方から無理やりとかしていませんか?
髪が濡れている時はダメージしやすい時です。ムリに引っ張らず荒目のクシで毛先の方から優しくとかしていきます
 
 
最後に海
 
これはもぅ確実に傷みます。
 
海に行った次の日は必ずバサバサしてませんか?
 
人の髪は弱酸性(ph4.5~5.5)に対し海水はアルカリ(ph8.2~8.8)
 
サロンのパーマ液よりも強いのです
 
 
アルカリのままだとギシギシ、ゴワゴワで
とっても傷みます
 
だから海のあとはアルカリが残っているので髪が傷むのです
 
んっ??
 
じゃあ
 
 
美容院もパーマやカラーのあとはアルカリのままで傷むんじゃないの?
 
って思いませんでしたか?
 
そぅです
 
 
 
 
美容院のメニューってアルカリにする事が多いのです。
 
パーマやカラーなどストレートなどもほとんどアルカリ剤です
 
 
サロンでパーマやカラーをしてトリートメントもしてツヤツヤなのに
一週間後に髪がバサバサしてるって事はありませんか
 
髪の中にアルカリが残っていてトリートメントで誤魔化されてるって事もあります
 
 
当店ではパーマやカラー、アルカリ剤を使った後は必ずアルカリを取り除いて髪を弱酸性にもどしています
 
サロンでの置き土産はしてません。
 
海などサロンで取りきれない場合は自宅でのケアをしっかりお伝えします
 
髪は一度傷んだら元には戻らない
 
 
なので傷まないようにしっかりケアしていきましょ
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアする

フォローする

トップへ戻る